ヘルニアの治療

現在、柔道整復師と鍼灸師としての立場から、椎間板ヘルニアとの診断を受けてから来院される患者さん達への治療法として様々な方法を駆使しています。
本題の前に医療福祉分野における柔道整復師、鍼灸師としての経歴をご紹介致しますと、整形外科での勤務の機会から数えますと、骨折・脱臼などの整復からリハビリに当たり、交通事故、椎間板ヘルニア、症状の類する脊柱管狭窄症などの多くの運動器疾患に対して鍼灸を用いた治療に30年近くの年月に渡り当たって参りました。
この間、手術を必要とするレベルの患者さんとそこに至らないレベルの患者さん、またいわゆる術後の患者さんの社会復帰に向けてのリハビリの機会など様々な状態の患者さん達に接する機会を得ました。

椎間板ヘルニアと言う疾患名と病態については様々な資料・文献等により多くの知識が広められていますので詳細については割愛させて頂きますが、現在椎間板ヘルニア=腰痛症と言った概念は間違いでは無いかと言う報告がなされて来ています。
しかしながら椎間板ヘルニアによって発症されると思われる腰痛が否定できないのも事実であり、そうした患者さん達の中でもリハビリによって改善する患者さん達も多くおられる事もそうした事実を裏付ける一つの証拠になろうかと思っています。
現在当院において行っている治療法としては腰椎部の減圧を目的とした自重牽引療法と物理療法機器を用いた消炎鎮痛、神経症状に対する電気鍼治療法をそれぞれ用いた複合的な治療法を行っています。
リハビリで使用する機材自体が高価なため、多くは保険診療の範疇で行っていますが、鍼灸治療は基本的に自由診療にてご負担頂く事を患者さんには御了解頂き、診療に当たっています。