手術で完治

ヘルニアとは、何らかの原因によって臓器などが本来位置している部分から飛び出てしまった症状を言います。
鼠けい部やへそなど色々な部位で起こりうる可能性がありますが、代表的な部位としては腰椎椎間板ヘルニアがあげられます。
腰椎椎間板ヘルニアになると、腰や足に痛みやしびれなどが出る場合が多く、病院での治療は消炎鎮痛剤などを用いた保存療法が行われます。
痛みが強い時は、安静にすることが大事になります。
しかし、しばらく経過を見ても症状が改善しない場合は、手術が行われることもあります。
最近では、内視鏡手術を行っている病院も多くなっていますが、椎間板周辺には多くの神経が集まっているため、実績のある病院選びが大切になります。

ヘルニアの手術にはいくつかの種類があります。
代表的な手術方法として、背中の部分から切開して、飛び出てしまった患部を摘出してしまう方法です。
また、痛みが強い人のなどの場合は、金属などで骨を固定させることもあります。
また、同様の手術を内視鏡下で行う場合もあります。
最近ではレーザーを用いて治療している病院もあります。
レーザーの場合は、患部を摘出するわけではなく、椎間板にレーザーを照射して圧迫している神経を焼き、患部の圧迫力を下げる治療です。
腰椎椎間板ヘルニアの場合は、自然に症状が軽減される人も多いですが、中には、排泄に障害が出たり、筋肉が麻痺して歩くのが困難になる人もあります。
そのような場合は早急な手術が必要になります。